top_bg
台湾病院協会
:::  
操作メニュー

 
   
.:::.homeENGLISH中文版サイトマップ  
台湾病院協会
 
Home > 沿革
:::沿革
Font Size:Large | Middle(Default) | Small

 1960年代の台湾では、病院の規模が現在より小さく、さらに全国病院の病床数が少ないでした。しかし、社会経済そのものの進歩と構造の変化に伴って、国民は保健医療サービスに対する関心や要求の声がどんどん高まってきました。当会の発足は、医療の品質と病院管理の向上をめざすため、1967617日に公・私立病院を代表した仕栄先生、王金茂先生、林柳新先生、と張錦文先生によって中華民国病院行政協会の名称で設立されました。19671120日に中華民国内政部から社団法人の資格を取得しました。1996年に中華民国病院協会の名称に変更し、そして、2003年に現名称に変更して今日に至っています。

 当会はわが国の医療環境を正すために、1980年に会員憲章を定めました。会員病院は常にその憲章を守り、医療倫理の高揚と病院間の提携の促進に努力しなければなりません。また、全国病院の代表として、医療が抱える諸問題に対する調査研究、研究会、政策提言等を行います。現在、国際病院連盟の理事国とアジア病院連盟の加盟団体として積極的に国際活動に参加しています。このように台湾病院協会は、今後もよりよい医療環境をつくるために貢献させていただきます。

▲TOP
 
   
::: Copyright © 台湾病院協会
更新時間: 2017-06-27
所在地:〒251台湾新北市淡水區中正東路2段29-5号25F 電話:886-2-28083300 Fax:886-2-28083304
電子メール:hatw@hatw.org.tw IE7,IE8,Chrome,FireFox 、画像解像度1024×768以上推奨 訪問者数: 1047671
By A + Web Content Accessibility Guidelines Priority